ホーム>和牛と国産牛の違い

創業40年、ホルモンの本場大分中津で愛され続ける中津ホルモンセンターの通販

  • 合計額 8,888円以上で送料無料

  • 商品数:0
  • 合計(税込)¥0
カゴの中を見る

和牛と国産牛の違い

「和牛」と「国産牛」の違い

スーパー等の店頭で売られている生肉のラベル表記を見てみると、輸入牛肉以外の牛肉 だと「和牛」や「国産牛」があります。この両者の違いはご存じですか?

「和牛」とは?

「和牛」とは下記を交配させた種のことです。

種類 主な産地
黒毛和種 日本全国
褐色和種 熊本県・高知県
日本短角種 岩手県・北海道
無角和種 山口県
和牛

「和牛」というのは品種名で原産地とはまったく関係ありません。
日本の在来種をもとに交配を繰り返して改良されてきた、我が国が世界に誇る肉専用の品種であり、日本では現在、 上記の4種類のみです。

店頭で販売されている食肉の「和牛」表示

店頭で食肉を販売する場合、公正競争規約によって表示の内容が定められており、「和牛」と表示してよいものは黒毛和種、褐毛和種、日本短角種、無角和種の4品種の限られた品種とその交配種で、日本国内で出生し生育されたものに限られています。

「国産牛」とは?

国産牛

一般に国産牛とは、国内で育てられた和牛以外の肉用種のことで、「乳牛(ホルスタイン)と和牛をかけ合わせた交雑種」、「乳の出なくなった廃乳牛」、「乳用種の雄」を指します。

日本での飼育期間が長ければ原産地となる

外国で生まれた牛であっても、日本国内での肥育期間の方が長ければ「国産牛」として販売されることになります。ホルスタイン種などの輸入種や、交雑種(黒毛和種とホルスタインのかけあわせ)なども、 日本で飼育され加工されれば国産牛と呼ばれます。

国産牛の約60%はホルスタインですが、試食用として育てたれているのはオスのホルスタインで、メスは乳牛として育てられています。